尿もれを治したい!尿漏れ体操、縄跳びやスクワットで内転筋や骨盤底筋を鍛えよう

知ってました?尿もれは20代でも出産経験なしでも起こるんです。このブログでは女性の尿もれ体操を数多く紹介!骨盤底筋体操から縄跳びやスクワット、ヨガ、ピラティスなどで内転筋、骨盤底筋を鍛えて尿漏れを改善しませんか?ランニングやマラソンもパッドなしでできるし、咳やくしゃみももう怖くない!!

20代の女性でもなるって本当?!尿もれのタイプと原因を知っておこう

尿もれって聞くと、お年寄り?介護?なんて想像してしまいそうですが、

実は若い女性でも尿もれを経験していると言われています。

 

信州大学が行った調査によりますと年齢別で尿もれしている割合は、

20代で20%、30代で31%、40代で48%、50代で46%、60代で37%、

70代以上では31%なのだそうです。

 

10代で経験している人もいるそうですから、

私は大丈夫、と言っていられることではないのかもしれません。

では、どうして尿もれが起こるのでしょうか。。。

 

 尿もれにもタイプがある

 

  f:id:simplelife22:20151005221454j:plain

 

尿もれにもいくつかのタイプに分かれます。

タイプによって原因も対策も異なりますので

自分がどのタイプか見極めることが肝心です。

 

 

腹圧性尿失禁

 

堅苦しい名前ですが、くしゃみやせきなどでお腹に力がかかった時

出てしまうタイプの尿もれです。

笑ったり、重いものを持ったり、また、スポーツをしたりしたときに

出てしまうこともあります。

原因としては、わかりやすく言うと尿道を支えている筋肉が弱っている、

緩んでいることがあります。

出産や加齢、運動不足などにより筋肉が衰えてしまうんです。

こちらのタイプですと、症状が軽ければ筋トレやエクササイズで治すことができます。

 

 

②切迫性尿失禁

 

 

トイレに行きたい!と思ってからトイレに行くまでに出てしまうというのが

このタイプです。

通常、脳からの指令でトイレまででることはないのですが、

何らかの原因で膀胱をコントロールできなくなってしまっている状態です。

脳卒中の後遺症で出ることもありますが、原因不明で出てしまうということも。

こちらのタイプですと、薬を飲んで治すことが多いです。

 

 

尿もれを経験している女性のほとんどが上の2つのどちらか、

または混合のタイプと言われています。

 

f:id:simplelife22:20151005221614j:plain

 

その他にも、膀胱炎やストレスからくる頻尿、

お年寄りなど体がうまく動かせずトイレに間に合わない機能性尿失禁などがあり、

これらは他の病気や体の機能と関連して起こるものとなります。

 

今、尿もれに悩んでいるのであれば、おそらく①の腹圧性尿失禁か②の切迫性尿失禁、

または、二つの混合であると考えられます。

これらは適切な対処をすれば、尿もれは改善できますので、

自分のタイプを知り、改善に役立ててください。

 

※合わせて読みたい記事

尿もれがヨガで治った?!女性の尿もれに効くポーズも紹介

尿もれパッドの痒みを解消するにはどうすればいい?

女性に多い尿もれ 中学生でもなる理由って?

咳で尿もれする女性はエクササイズで改善します!こんな体操がおすすめ。

縄跳びでも尿もれをしてしまう女性が多いって本当?