尿もれを治したい!内転筋や骨盤底筋を鍛えるエクササイズや体操

知ってました?尿もれは20代でも出産経験なしでも起こるんです。このブログでは女性の尿もれに効くエクササイズやヨガ、ピラティスなどを紹介。内転筋、骨盤底筋を鍛えて尿漏れを改善しませんか?ランニングやマラソンもパッドなしでできるし、咳やくしゃみももう怖くない!!

MENU

生理用ナプキンと吸水シートは何が違う?尿もれには専用シートを使うべき?

尿もれ改善までの応急処置、尿もれパッド

f:id:simplelife22:20151102095505j:plain

尿もれを根本的に治すには、骨盤底筋などの筋肉を鍛える必要がありますが、

トレーニングをしたからといってすぐに症状が改善されるわけではありません。

ですので応急処置としては、尿もれ対策のための吸水シートなど

専用シートを使うのが有効です。

吸水シートと似ているアイテムで生理用ナプキンがありますが、

これは尿もれ対策には向いていません。

見た目的には同じものですが、生理用ナプキンと吸水シートはまったく違うものです。

 

生理用ナプキンと吸水シートの違いとは?

f:id:simplelife22:20151102090021j:plain

生理用ナプキンは、経血など粘着性のある液体を吸収できる構造になっています。

 

一方吸水シートは、尿のようにさらっとした液体を瞬時に吸収できるように

設計されています。

また尿を吸い取ったらゼリー状に固める成分が入っていますし、

臭わないように消臭効果がある成分が配合されているものもあります。

 

このように、生理用ナプキンと吸水シートは構造が異なるので、

尿もれには専用シートを使うべきです。

 

生理用ナプキンが尿を吸い取らないわけではないものの、

液体を吸収すると膨らみますし、いつまでも濡れたままの状態になるので不衛生です。

面倒だから、もったいないからといって生理用ナプキンで対処していると、

不要なトラブルを引き起こす可能性もあります。

吸水シートなら蒸れることもありませんし、

シートが膨らんで摩擦が起こることもありません。

 

生理中は生理用ナプキンを使った方が快適なように、

尿もれも専用の吸水シートを使った方がトラブルもなく気にせず過ごせるので、

しっかり使い分けましょう。

 

 

※合わせて読みたい記事

尿もれパッドの痒みを解消するにはどうすればいい?

尿もれパッドを使うと本当に臭わなくなるの?

生理用ナプキンと吸水シートは何が違う?尿もれには専用シートを使うべき?

尿の吸収量をもとに尿もれパッドを選ぶ方法とは

女性に多い尿もれ 中学生でもなる理由って?

咳で尿もれする女性はエクササイズで改善します!こんな体操がおすすめ。