尿もれを治したい!内転筋や骨盤底筋を鍛えるエクササイズや体操

知ってました?尿もれは20代でも出産経験なしでも起こるんです。このブログでは女性の尿もれに効くエクササイズやヨガ、ピラティスなどを紹介。内転筋、骨盤底筋を鍛えて尿漏れを改善しませんか?ランニングやマラソンもパッドなしでできるし、咳やくしゃみももう怖くない!!

MENU

尿もれをウォーキングで防ぐ!?ランニング中の尿もれ防止にも

ランニング中に困る尿もれ

f:id:simplelife22:20151102053412g:plain

近年、ランニングをする女性が増えていますが、

走っているときは膀胱が刺激される上に、

膀胱周りの筋肉が動くため尿もれが起こることも少なくありません

それにランニング中は汗によって水分が排出されるので、

尿意に対して鈍感になってしまい、余計に尿もれしやすくなります。

たまになら深刻な問題ではありませんが、

頻繁にこのような症状が起こるのは困りものですね。

 

尿もれの緩和・改善にウォーキングを

f:id:simplelife22:20151102053446j:plain

そんな方におすすめしたいのがウォーキングです。

運動という点から言えばウォーキングもランニングも同じものですが、

尿もれ予防からすると骨盤をしっかり動かせるウォーキングの方が

防ぐ効果があるのです。

 

正しいウォーキングで尿もれ改善・緩和

f:id:simplelife22:20151102053914j:plain

と言っても、単にだらだらと姿勢も悪いまま歩くのでは、尿もれ対策にはなりません。

現代人は、かかとをずるようにしたり、膝から足を前に出したり、

背筋が曲がって猫背の状態など間違った歩き方をしています。

悪い姿勢では骨盤底筋に力が入らないので、

トレーニング効果はなく尿もれを防ぐこともできません。

尿もれの原因の一つである骨盤底筋の筋力低下を改善するには、

正しい歩き方を覚える必要があります。

 

正しいウォーキング

  1. 基本姿勢は、背筋を反りすぎず丸めすぎず、腰から頭までまっすぐ、肩の上のラインに耳がある状態に整えましょう。
  2. その姿勢のまま、腰から足の付け根を前に踏み出すようにして、かかとから地面につくようにして1歩前に進んでください。

これを左右繰り返して行うウォーキングが、

骨盤底筋を鍛える正しい歩き方になります。

 

慣れるまではぎこちなく早く歩けませんが問題ないので、

正しい姿勢を維持しながら歩くことを意識して尿もれを防いでいきましょう。

 

※合わせて読みたい記事

尿もれがヨガで治った?!女性の尿もれに効くポーズも紹介

尿もれパッドの痒みを解消するにはどうすればいい?

女性に多い尿もれ 中学生でもなる理由って?

咳で尿もれする女性はエクササイズで改善します!こんな体操がおすすめ。

縄跳びでも尿もれをしてしまう女性が多いって本当?