尿もれを治したい!内転筋や骨盤底筋を鍛えるエクササイズや体操

知ってました?尿もれは20代でも出産経験なしでも起こるんです。このブログでは女性の尿もれに効くエクササイズやヨガ、ピラティスなどを紹介。内転筋、骨盤底筋を鍛えて尿漏れを改善しませんか?ランニングやマラソンもパッドなしでできるし、咳やくしゃみももう怖くない!!

MENU

尿もれもダイエットも両方できる簡単エクササイズがあった!

スクワットなら尿もれにもダイエットにも

f:id:simplelife22:20151104160414j:plain

女性なら誰もが目指す美しいボディラインを手に入れるには、

ダイエットが欠かせません。


ダイエットは単に体重を落とすものではなく、

余分な脂肪を落としながら筋肉を正しい位置につける意味合いも含まれています。


ただ最近の20代の若い女性はボディラインだけではなく、

尿もれという悩みを持っている方もいるでしょう。


優先順位で言えば、まずは尿もれを防いでからダイエットというのが当たり前です。


ですが、そんな女性特有の悩みを同時に解消できる、

スクワットというエクササイズがあります。

 

 

スクワットは難しくてできなさそう?

スクワットというとアスリートが行うエクササイズのイメージがありますが、

実はダイエットにも尿もれ防止にもとても効果的なのです。


実際、尿もれ防止スクワットはアスリートのように激しくきついものではないので、

誰でも手軽に行えます。

 

道具もいりませんし、場所もとりませんから簡単に始めやすいのも魅力です。

 

 

尿もれスクワットのやり方

スクワットをダイエットにも尿もれにも効果を出すにはちょっとしたコツが必要です。

 

やり方

  1. 両脚をバランスを崩さない程度に大きく広げたら、つま先は外側に向けます。
  2. 背筋はまっすぐ伸ばしたまま、自然な呼吸を整えて、膝をゆっくり曲げながらお腹を薄くするイメージで引っ込めます。
  3. 膝の角度が90度になったら、またゆっくり足を伸ばして元の体勢に戻ると同時に穴のあたりをきゅっと引き締めてください。
  4. 5秒ほど引き締めたら穴を緩め、再度同じようにスクワットを行いましょう。

※重要なのは、穴を意識することです。これで、尿もれにも効果大です。

 

このエクササイズを10回1セットで2回やるようにしてください。

最初はぐらついたり、筋肉が震えたりして辛いかもしれませんが、

続けると慣れてきます。

 

スクワットは下半身すべての筋肉を均等に鍛えながら、

おまたの穴を締めることで膀胱周りの筋肉も鍛えることがでるので、

ダイエットと尿もれ防止のために続けましょう。

 

※合わせて読みたい記事

尿もれがヨガで治った?!女性の尿もれに効くポーズも紹介

尿もれパッドの痒みを解消するにはどうすればいい?

女性に多い尿もれ 中学生でもなる理由って?

咳で尿もれする女性はエクササイズで改善します!こんな体操がおすすめ。

縄跳びでも尿もれをしてしまう女性が多いって本当?