尿もれを治したい!内転筋や骨盤底筋を鍛えるエクササイズや体操

知ってました?尿もれは20代でも出産経験なしでも起こるんです。このブログでは女性の尿もれに効くエクササイズやヨガ、ピラティスなどを紹介。内転筋、骨盤底筋を鍛えて尿漏れを改善しませんか?ランニングやマラソンもパッドなしでできるし、咳やくしゃみももう怖くない!!

MENU

尿もれになる前に防止しよう!女性の尿もれを防ぐ体操や運動はこれ

尿もれを防止することってできるんでしょうか?

また、あるとすればどんな体操や運動をすればいいのでしょうか?

f:id:simplelife22:20151026210355j:plain

尿もれなんてもっと年をとってから起こるものと思っている方も多いようですが、残念ながらそんなに先の話ではありません。

最近は尿もれの症状が出る人も若年化していて、中には20代前半でも経験したことがあるという方も少なくないのです。

30代なら3人に1人とも言われるぐらい女性には起こりやすい症状なので、例え今は尿もれをしなくても事前に予防対策をとっておきましょう。

 

女性の尿もれを防止する体操や運動って?

f:id:simplelife22:20151114051739j:plain

尿もれ予防に効果があるのは、おまたの穴をギュッと締める体操や運動です。

今回は、このおまたをギュッと締める体操や運動を紹介していきますね。

 

尿もれを防止する体操

まず尿もれを防止するための体操です。

  1. 立った姿勢でも仰向けで寝る姿勢でもいいので、ゆっくり深呼吸をしてリラックスします。
  2. 次に足を肩幅ぐらいに開いて、背筋をまっすぐに伸ばしてください。
  3. そして、骨盤内の筋肉だけを使って、下腹部に引き込むような意識で力を入れてください。
  4. 15秒くらい力を入れて休むを繰り返します。

穴をすぼめるようなイメージで、穴の部分にだけ力を入れるようにするのがポイントです。

お腹に力が入ってしまうと、他の筋肉に負荷が分担されてしまって効果が半減するので、必ず穴だけを引き締めるようにしましょう。

呼吸を止めないようにすれば、腹筋を使わずに穴だけに力を入れやすいです。

15秒がきつい人は、短い時間から始めてだんだん長くしていってくださいね。

これは骨盤底筋体操というもので、1日5分を目安に毎日行ってください。

 

尿もれを防止する運動

動きの少ない体操が苦手という方は、ウォーキングで骨盤底筋を鍛えましょう

骨盤をしっかり立てて、腰や背筋、足が曲がらないようにしながら、歩幅を大きくして歩くと骨盤底筋を鍛えることができます。

これも1日10分ぐらいでいいので、毎日きちんと続ければ尿もれ予防につながります。

 

体操も運動も毎日続けることが大事です。

毎日のエクササイズは尿もれの防止だけではなく、他の症状の予防や改善にもつながります。

今、あまり運動する習慣がない女性は、生活習慣に取り入れて尿もれ対策また健康維持に役立ててください。

 

※合わせて読みたい記事

尿もれがヨガで治った?!女性の尿もれに効くポーズも紹介

尿もれパッドの痒みを解消するにはどうすればいい?

女性に多い尿もれ 中学生でもなる理由って?

咳で尿もれする女性はエクササイズで改善します!こんな体操がおすすめ。

縄跳びでも尿もれをしてしまう女性が多いって本当?