尿もれを治したい!尿漏れ体操、縄跳びやスクワットで内転筋や骨盤底筋を鍛えよう

知ってました?尿もれは20代でも出産経験なしでも起こるんです。このブログでは女性の尿もれ体操を数多く紹介!骨盤底筋体操から縄跳びやスクワット、ヨガ、ピラティスなどで内転筋、骨盤底筋を鍛えて尿漏れを改善しませんか?ランニングやマラソンもパッドなしでできるし、咳やくしゃみももう怖くない!!

骨盤の開きやずれが原因で尿もれが起こる

骨盤の開きやずれが原因で尿もれが起こることがあります。

 

今回は、骨盤と尿もれの関係についてまとめました。

 

 

骨盤とは?

f:id:simplelife22:20160208194901j:plain

骨盤は体の中心に位置しており、左右対称の骨です。

 

女性特有の臓器である子宮や膀胱、

その他臓器が骨盤によって包み込まれているのです。

 

骨盤が開いたりずれたりするとどうなる?

f:id:simplelife22:20160208194959j:plain

骨盤が大きく開くのは出産の時ですが、

それ以外でも生活習慣によって骨盤の開きやずれが生じることがあります。

 

骨盤がずれる、開くことで出てくる症状の一つが、内蔵が下がることです。

 

今まで骨盤によって支えられていた臓器ですが、

その位置がずれることで内臓の位置も同時に下に下がるようになります。

 

それが原因で起こるのが下痢や便秘などの腸のトラブル、

そして尿もれも起こりやすくなります。

 

他にも内臓が下がることで代謝機能が低下して、

太りやすい体質になってしまうのです。

 

また子宮が下に下がることによってホルモンバランスにも

乱れが出てきてしまうようになり、

生理不順や生理痛が酷くなると言った症状が現れるようになります。

 

他にも骨盤がずれると足の形が悪くなるだけでなく、

お腹周りにぜい肉が付きやすくなり

見た目のスタイルを崩す原因にもなってしまいます。

 

骨盤を元に戻すには?

f:id:simplelife22:20160208195049j:plain

このように骨盤がゆがむ、ずれるだけで現れてくる不快症状はいくつもあります。

 

女性は尿道が短いことなどが原因で

尿漏れを起こしやすい体の構造になっていますので、

骨盤がずれる、開くことでさらにその症状を悪化させてしまうことにつながります。

 

骨盤を整えるために整体へ通うのも良い方法ですし、

骨盤を引き締めるための体操やエクササイズ、

ベルトも販売されていますので活用してみましょう。

 

※合わせて読みたい記事

尿もれがヨガで治った?!女性の尿もれに効くポーズも紹介

尿もれパッドの痒みを解消するにはどうすればいい?

女性に多い尿もれ 中学生でもなる理由って?

咳で尿もれする女性はエクササイズで改善します!こんな体操がおすすめ。

縄跳びでも尿もれをしてしまう女性が多いって本当?